NEWMAN CAMS
〈Mada in England〉

Company profile

1967年にグラインド・モデファイド・コンペティション用カムシャフトメーカーとして創業。

60年代~70年代に於いては、BMCをはじめとした数多くの英国車のレース用カムシャフトを製造。
80年代には、その類まれな技術力でカムシャフトのみならず、タペットやバルブスプリングなど、カムに付随する製品もリリース。
それまでのクオリティのタペットやスプリングに比べて無論カムとの相性が良く、より幅広いマーケットへ進出しています。

90年代初頭には、10機のCNCマシンと共に大量生産にも対応できるよう、6機のカムシャフト研磨機を新たに導入。

1996〜97年には、複数のレースエンジンメーカーにカムを供給することが可能となり、翌98年には、F1をはじめF3, BTCC, ETCC, DTM, FIAGT, LeMans, MOTO-GPなどにも供給を開始。

家族経営のニューマンカムでは、創業時よりわずか1本のプロトタイプ製作からメーカーへの大量納入まで、すべてを自社で一貫製造することに より、高い技術力を他社に流失させること無く、現在でも高い信頼と評価を受け、様々なプロトタイプカムの試作なども行っています。

ARA/250

ARA/250 (Single Point injection/Mild road cam)

ARA/290

ARA/290 (Carburetor/Rally/Fast road cam)

BMC/731

BMC/731 (Carburetor/BMC, Road/Rally spec cam)

newmancamsロゴ

Fitting

バルブの当たり面積によって大きく左右されるのですが、このカムシャ フトには以下のバルブスプリングレートを推奨しています。
※共にフルリフト(全開)時のレートです。

ロードカム/ファーストロード・ラリーカム
(7,000回転までのセットの場合)160lbs/72kg 前後

ターマックラリー/スプリントレース/レースカム
(10,000回転までのセットの場合)200lbs/90kg 前後

How to select?

①ロードカム

ターゲットとしては総出力で約10馬力アップ。全体的にスムースでノーマルに比べ高回転にも対応し、最高速も期待ができます。

②ファーストロードカム

ロードカムに比べ更なるパワーを求める方におすすめ。カムだけに 頼ったチューニングでは無く、カムに合わせたポート修正やキャブレーター、点火時期の調整などをする事により安全にパワーを得られます。

※上記2点は3,500回転付近のトルク出力がスムースなため、もう少しだけパワーが欲しい!乗りづらくなるのは嫌だ!といった、ファインチューンがお好みの方に打ってつけです。

③ファーストロード・ラリーカム

一般的な路上での使用にも対応しますが、ファーストロードカムに比べ、より多くの調整が必要となります。高回転型なカムとなるため低回転時のトルク薄は否めません。

④ターマックラリー・スプリントレースカム

排気ガスの問題も含め一般路での使用には向いておりません。これまでのカムに比べ、より高回転時のパワーを得ることができますが、3,500回転辺りまでのトルクの薄さは決して消す事ができません。5,000回転位をキープして走るステージでの走行をターゲットとして設計されているため、シリンダーヘッド、キャブレーター( インジェクション)、マフラーなどにも変更が必要です

⑤レースカム

5,000回転よりも高回転での使用域がターゲットとなります。全てのマネージメントが可能な方のみが使用するハイスペックカムです。

Material Type

同一型式のエンジンでもターゲットによってその素材(材料)には違いがあります。

Billet/ビレット

スチールの丸棒から削り出す手法のカムシャフト。ベースカムの無い場合や試作の際に多く用いられる材料です。

Blank/ブランク

チルド鋳鉄製でカムシャフトを製造するにあたり最も適した素材です。

Repro/リプロ

上記チルド鋳鉄製カムシャフトであれば、純正カムを元にリ・グラインド(削り直し)する事によりカムプロフィールをお好みの形状 にする事も可能です。
※純正カムの形状・プロフィールにより製作には制限があります。

ビレット・ブランク・リプロと材料は3種類あるのですが、上記①〜⑤Miniの場合おおむね同型式のエンジンですが、ターゲットによってあえて素材を分けています。

◆ EN8/EN9

1930〜1945年頃の代表的なカムの素材です。戦前モデルエン ジンのリビルトの際などに用います

◆ EN351 AISI 8620/EN34

ブリティッシュレイランドの純正カム素材です。1970〜1980 年代のAタイプ/Bタイプエンジン。

◆ EN40B

現在、存在するカムシャフトの素材として最高の物です。F1でも使われている素材のカムです。

この他にも何種かカムに適した素材がありますが、ターゲットに合わせて選択可能なカムを製作することにより、不要に高価なカムとならないように考慮して設計しています。

Fitting

バルブの当たり面積によって大きく左右されるのですが、このカムシャ フトには以下のバルブスプリングレートを推奨しています。
※共にフルリフト(全開)時のレートです。

ロードカム/ファーストロード・ラリーカム
(7,000回転までのセットの場合)160lbs/72kg 前後

ターマックラリー/スプリントレース/レースカム
(10,000回転までのセットの場合)200lbs/90kg 前後

Camshaft Data

品番
Part No
品名
Application
有効回転数
Power Band
作用角
Duration
バルブリフト量
Valve Lift
カムリフト量
Cam Lift
バルブクリアランス
Valve Clearanc
中心角
Full Lift
価格
Price
キャブレーター用カムシャフト
Use with carburetor Engines
ARA/260 マイルドロード
Mild Road cam
1,500〜6,000 260 8.74mm 6.85mm 0.305/0.305 110 ¥45,000
ARA/270 ファーストロード
Fast Road cam
2,000〜6,500 270 9.32mm 7.31mm 0.305/0.305 107 ¥45,000
ARA/290 ラリー・ファースト
Rally/fast Road cam
3,000〜7,500 290 9.71mm 7.61mm 0.305/0.305 107 ¥45,000
ARA/300 ターマック/スプリント
Tarmac Rally/Sprint cam
3,750〜8,000 300 10.52mm 8.25mm 0.200/0.250 107 ¥45,000
ARA/320 フルレース
Full Race cam
4,000〜8,000 320 11.00mm 8.63mm 0.200/0.250 107 ¥45,000
BMCプロフィールカム
BMC Profile CAM
BMC731 ロードアンドラリー
Road and Rally cam
3,000〜8,000 268・268 9.77mm 7.66mm 0.305/0.305 107 ¥45,000
BMC649 レースカム
Race cam
4,000〜8,000 300/300 10.84mm 8.50mm 0.305/0.305 100 ¥45,000
インジェクション用カム
For Injection Engines
ARA/250 マイルドロード
Mild Road cam
2,000〜6,000 250/260 8.41mm 6.60mm 0.305/0.305 112 ¥45,000
ARA/250F
*MPI用
ファーストロード
Fast Road cam
2,000〜6,500 250/260 8.74mm 6.85mm 0.305/0.305 112 ¥45,000
*¥48,500
ARA/274 ファーストロード
Fast Road cam
1,000〜6,000 248/274 9.20・9.09mm 7.23/7.13mm 0.4/0.4 112 ¥45,000

※カムリフト量はロッカー比1.275:1で算出しています。 ※オイルポンプは全種メトロドライブとなります。

※価格に消費税は含まれておりません。(税別)